回収率について

弁護士過払い金が仮に50万円あったとしても、過払い請求で確実に50万円回収できるというわけではありません。それぞれの消費者金融で異なるものの、個人で交渉した場合は満額の回収は難しいです。弁護士が交渉した場合でも満額での回収が難しいことも少なくありません。ただ、少なくとも個人で交渉した場合と弁護士が交渉した場合では後者の方が回収率は高くなります。

消費者金融からすれば、過払い金を返還するのは不利益を被ることです。そのため、少しでもしようとするのは当然といえます。弁護士という存在が交渉した場合には折り合いをつけることになります。これが個人で交渉した場合はこれだけしか返還できないという言い方をすることも少なくありません。

弁護士費用は回収した過払い金のなかから支払うことになります。費用の持ち出しはありません。弁護士が交渉した場合の回収率と弁護士費用を考えて損はしません。すべての手続きに加えて消費者金融との交渉も対応してくれることを考えるのなら、依頼するのは必然といえます。訴訟を起こすことで回収率はさらに高まります。どういった対応をするかについても弁護士に相談しながら決めることができるのも大きなポイントになるでしょう。

消費者金融との交渉

法律事務所の弁護士に過払い金請求について相談をするのは無料です。過払い金があるかどうかを調べることができます。さらに、過払い金請求をするにあたって面倒な手続きをすべて弁護士に任せられるのも大きいです。普段は仕事をしている方からすれば、必要な資料を集めてまとめるのは時間的に難しいかもしれません。さらには、訴訟を起こした場合には裁判所に足を運ぶ必要もあり、さらに時間の問題が発生するでしょう。弁護士に依頼すれば、すべてにおいて対応してくれるため、依頼者は解決するのを待つのみです。

スマホ法律事務所に足を運ぶのは1度や2度程度で済みます。状況に関しては電話やメールで逐一報告してくれるため、何も心配することはありません。借金を抱えている方は過払い金が返還されるとそのまま返済に充てることができます。すでに借金を完済している方は手元にお金が来ます。必ず弁護士に依頼するのがよいわけではないものの、弁護士に依頼した方が確実であるのは間違いありません。

弁護士に依頼すれば返済や取り立てがすぐにストップし、安心して生活ができるようになるのも大きいです。実際に弁護士に依頼するかどうかは別として、まずは無料相談をしてみるのがよいでしょう。最後に回収率について説明します。

法律事務所に無料相談

電卓とお金消費者金融から長年借金をしている、あるいはすでに完済したものの長年借金をしていたという方はまずは法律事務所の弁護士に無料相談するのがよいでしょう。まず問題になるのは過払い金が発生しているかどうかです。過払い金があるかどうかは引き直し計算をして確認することになります。15~20%の利息制限法の上限金利で金利を引き直す計算を行うためには取引履歴を読み解く必要があります。多くの時間がかかるのも問題点であり、そもそも取引履歴が手元にない場合もあるでしょう。多くの方はどれぐらいの過払い金があるかを把握しておらず、大きな損をしてしまっている可能性もあります。2016年6月以前から借金をし、利息制限法の上限金利を超えての返済をしているのなら、可能性があると考えるのがよいでしょう。

法律事務所の弁護士に相談をすれば、過払い金があるかどうかをすぐに調べてくれます。そして、その後の過払い金請求についても対応をしてくれるため、力強いパートナーになるでしょう。弁護士費用がかかるため、自分ですべてを対応しようと考えている方もいるものの、弁護士に対応してもらうのがベストであるだけの理由はあります。参考に、弁護士法人アディーレでは無料相談を実施しています。

ここでは弁護士費用がかかっても弁護士に任せた方がよい理由について解説しています。専門的な知識と経験、そして弁護士という存在が消費者金融と交渉することの意味は大きいです。個人で対応するか弁護士が対応するかによって人生が変わるといっても過言ではありません。