回収率について

弁護士過払い金が仮に50万円あったとしても、過払い請求で確実に50万円回収できるというわけではありません。それぞれの消費者金融で異なるものの、個人で交渉した場合は満額の回収は難しいです。弁護士が交渉した場合でも満額での回収が難しいことも少なくありません。ただ、少なくとも個人で交渉した場合と弁護士が交渉した場合では後者の方が回収率は高くなります。

消費者金融からすれば、過払い金を返還するのは不利益を被ることです。そのため、少しでもしようとするのは当然といえます。弁護士という存在が交渉した場合には折り合いをつけることになります。これが個人で交渉した場合はこれだけしか返還できないという言い方をすることも少なくありません。

弁護士費用は回収した過払い金のなかから支払うことになります。費用の持ち出しはありません。弁護士が交渉した場合の回収率と弁護士費用を考えて損はしません。すべての手続きに加えて消費者金融との交渉も対応してくれることを考えるのなら、依頼するのは必然といえます。訴訟を起こすことで回収率はさらに高まります。どういった対応をするかについても弁護士に相談しながら決めることができるのも大きなポイントになるでしょう。